妊娠中の便秘改善 下剤や便秘薬がダメな理由

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

妊娠中は便秘症状に悩まされる女性が多いです。便秘がひどく、痔になってしまうケースも多く、本当に辛いですよね。いくらひどい便秘になっても妊娠中は下剤や便秘薬を服用することはできません。
今回は妊娠中に下剤や便秘薬を使用する危険性と、便秘改善方法をご紹介しましょう。

【どうして妊娠中は便秘になってしまうの?】

378774d9283b1cf95513b8b5fdd66f2f_s

妊娠すると女性の身体はホルモンバランスが変化し、子宮がどんどん大きくなります。子宮が大きくなると腸を圧迫することになってしまうので、便秘を引き起こしてしまうのです。
また妊娠中はストレスも感じやすく、ストレスが原因で便秘になるケースもあるでしょう。
便秘がひどくなると、腸内に便が溜まってしまい、貯まった便やガスでお腹が張りやすくなってしまいます。お腹が張ると、切迫流産や切迫早産などにもつながってしまうので非常に危険です。
子宮収縮と腸の収縮の位置は非常に近いので、妊婦さんはお腹が張っている原因が早産によるものなのか、便秘によるものなのかを判断しにくい場合もあるようです。

【なぜ妊娠中は便秘薬や下剤を使用してはいけないの?】

039

市販されている便秘薬や下剤の中には、子宮収縮作用を持つ成分が含まれているものがあります。きちんと確認せずに服用してしまうと子宮収縮が起こり、流産や早産を誘発してしまう危険性もありますので注意が必要です。
ただし医師に処方してもらった便秘薬であれば、妊娠中でも服薬可能な薬になるので安心ですよ。便秘薬を飲みたいのであれば、必ず産婦人科の主治医に相談をしなければなりません。

【妊娠中の便秘改善方法は?】

132

妊娠中の便秘対策として、食生活の改善があります。食物繊維を多く含む食べ物を摂取すると腸のぜん動運動は活発になるでしょう。
また腸の動きを活発にさせるためには副交感神経を優位にさせる必要があります。朝は活動的に行動して交感神経を働かせて、夜寝る前は副交感神経が優位になるようにリラックスした生活を心がけましょう。メリハリのある生活をすると、便秘が改善されやすいですよ。

妊娠中も正しい方法で便秘対策を行いましょう、乳酸菌入り青汁もオススメです♪

便秘薬に注意!!便秘薬になれるともっとひどい便秘に・・・

118

便秘に悩む人たちのために開発されたのが便秘薬です。
規定量以上の服用は体に悪いことは分かると思いますが、仮に規定量を守って服用していても体に負担がかかっていることを知っていますか?
今回は、便秘薬になれるとどんなことが起きるのか、それを説明していきたいと思います。

(目次)
1.便秘薬は2種類ある
2.便秘薬を4ヶ月服用すると・・・
3.どうすれば治るの?

・便秘薬は2種類ある

便秘薬には大きく分けて2つの種類があります。

1,刺激タイプ
2,水分補給タイプ

1,刺激タイプ

このタイプは腸管に刺激を与えて活発な運動を促し、排便をしやすくするという薬です。
腸を傷つけるものではありませんが、この効果を発揮するためにはいくつかの有効成分が配合されています。

2,水分補給タイプ

このタイプは腸内に溜まった便に水分を多く含ませることで便そのものを柔らかくし、排便しやすい状態にする薬です。
柔らかくなりますが、場合によっては下痢に近い状態になることもあるので使用には注意が必要です。

・便秘薬を4ヶ月服用すると・・・

cfc54df6334363ab5cec4b2eca875c9d_s

便秘薬においてよくある失敗例としては、長期間服用したために体が薬に慣れてしまい、今まで通りの量を服用しても効果が表れにくくなります。
その結果、規定量を超える服用に走り、それがエスカレートしてしまうのです。

先ほど紹介した便秘薬のうち、刺激タイプにはより一層の注意が必要です。
刺激を促す成分には腸管を黒く染めてしまいます。
ただ色が付くだけでなく、腸管の動きまで鈍くなっていきます。

一般的異な便秘薬の場合だと、約4ヶ月の服用で腸管の色素沈着が見られます。
つまり、継続的な服用は4ヶ月程度を一区切りにした方が良いということになります。

・どうすれば治るの?

069

さて、色素沈着をし、運動が鈍ってしまった腸を元にもどすことは可能です。
方法は単純、薬の服用を徐々に控え、腸を休ませることです。
その期間は約6ヶ月~1年と言われており、色素沈着だけの問題であれば、必ず元の正常な状態に戻ります。

その間は便秘薬以外の排便促進法を試していく必要があります。
それでも排便がうまくいかない場合は、素人判断で便秘薬を服用するのではなく、医者に見てもらうようにしましょう。

いかがでしたか?
食事や運動、サプリならともかく、薬となると体に負担が出てきます。
規定量の服用でも効果が見られなくなったら、それは腸からの危険信号かもしれません。
便秘薬は最後の手段、多用しすぎると便秘しやすい腸へと変化させてしまう可能性があります。

健康的に便秘を解消していきましょう、乳酸菌と青汁のすすめ

便秘で起こるトラブル

026

便秘は放置するととんでもない大きな病気につながります。
しかし、必ずしもそういう大病につながると決まっているわけではありません。
それでも、困ってしまうトラブルに巻き込まれる可能性が高いので注意したいところです。
今回は、そんな便秘で起こるトラブルを3つ紹介していきます。

(目次)
1.むくみ
2.肌荒れ
3.代謝の低下

・むくみ

便秘をすると各所がむくんでしまうことを知っていますか?
そもそもむくみとは自律神経が乱れることで発生することが分かっています。そして自律神経の一種、副交感神経は消化や吸収、つまり腸の働きに大きく関係があります。
具体的には「痙攣性便秘」や「過敏性腸症候群」などがそれに当たります。
便秘とむくみが同時に起きてしまった場合は、自律神経の異常を疑った方が良いかもしれません。そして、この場合は単なる腸の問題ではないので、自律神経の専門家である神経科などに頼る必要が出てきます。

・肌荒れ

便秘は腸内の悪玉菌が増え、腸内環境を乱れていることが分かっています。
便秘は誰もが知る通り、腸の中に便が溜まっている状態です。便はそれだけでも汚いものですが、排泄されずに腸の中に溜まっていると便が発酵し、有害物質を多く排出します。
問題はその有害物質がどうなるかと言うことです。有害物質の多くは腸から吸収され、血液に取り込まれ、体中の毛穴から汗や油、体臭とともに体外に放出されます。
本来ならば、肌が持つ代謝機能で汚れなどを分解したり、汗などで流したりできるのですが、ここに有害物質が入ると余計に手間がかかり、十分回復しなくなります。そうして肌に付いた有害物質が肌荒れを引き起こすのです。
極端な場合、汗など体臭がオナラのようなニオイになってしまう事例も報告されているので、注意が必要です。

・代謝の低下

生命を維持する活動すべてを代謝と言います。心臓が動くこと、呼吸をすること、食べ物を消化したり、吸収したりすることもすべてが代謝です。
便秘の状態は腸内環境が乱れているので、消化や吸収の機能が低下することも当然起こりうることです。これが代謝の低下です。

190190

いかがでしたか?
便秘が体に悪いことは分かっていても、ただ「便が詰まって苦しい」くらいにしか思っていない人がいます。
しかし、今回紹介したような症状はごく当たり前のように起こり、場合によっては大腸ガンなどの大きな病気を引き起こす可能性もあるので、決して侮れません。

こちらも合わせてチェック!便秘が原因のコワ~イ病気

便秘が原因のコワ~イ病気

004

便秘はその名の通り、便が腸内に溜まってしまう症状です。
何となく健康に悪そうなイメージはお持ちかと思いますが、実はとんでもない病気を引き連れてくる可能性があることを知っていますか?
今回は、万病の元とも言われる便秘が原因で起きる可能性のある怖い病気を紹介していきます。

(目次)
1.便秘ってなぜ起こるの?
2.便秘と病気の関係

・便秘ってなぜ起こるの?

便秘が起こる原因は大きく分けて2つあります。

1,腸の形状
2,腸内環境の乱れ

1,腸の形状

腸は長いホースをコンパクトにまとめて下腹部あたりに収納するようになっています。
その中で大腸の一部が肛門よりも下の位置にあるような形状の場合、便が出にくくなることがあります。
これは比較的女性に多い形状のため、便秘に悩むのは女性であることが多くなるのです。

2,腸内環境の乱れ

腸の中には善玉菌と悪玉菌があります。
そしてこのバランスが崩れ、悪玉菌が増えすぎると便がうまく作れなかったり、排泄できなかったりすることで便秘につながってしまうようです。

・便秘と病気の関係

便にはたくさんの菌が含まれていることはご存知のことと思います。
そしてお世辞にもきれいなものとは言えません。
そんな便を大量に腸内に溜め込んでおくことは害悪になるわけです。

しかも腸は栄養などを吸収する場所です。
良からぬものも吸収してしまうことがあり、腸以外の部位でも病気になってしまうことがあります。
具体的な病気を少し紹介していきます。

「大腸ガン」

最も有名な病気ですね。
日本人の死因第1位とであるガンの1つです。
女性に限ればこの大腸ガンが死因第1位となっています。

「大腸ポリープ」

大腸内にできる腫瘍の1つです。
良性であればポリープとして切除で終了しますが、悪性であればガンとなる可能性が高いものです。

「痔」

便が溜まることで腸に負担がかかります。
便はいずれも排泄しなければならないのですが、肛門にも負担がかかります。
このような繰り返しによる病気が痔です。
ひどい場合は歩行すら困難となる可能性もあるようです。

「尿路結石」

タンパク質の塊ですが、まるで石のように固く、体の角度や体調、大きさによって激痛を与えることがあります。
便秘による結石は、腎臓や膀胱、尿管などにも発生します。

そして便が多く溜まることで悪玉菌が増殖しますが、これによって一見、便や腸とは関係のない病気を引き起こす可能性があります。

「糖尿病」

悪玉菌の影響で腸内の吸収がおかしくなります。
その結果糖尿病になる可能性があります。

「高血圧」

同じく悪玉菌の影響で腸内の吸収がおかしくなります。
脂質を吸収し、内臓脂肪増加につながります。
その結果高血圧にもなりかねません。

190195

いかがでしたか?
他にも女性限定で「子宮筋腫」や「子宮ガン」「乳ガン」なども考えられるようです。
これは大腸ガンなどからの転移によるものですが、元を辿れば腸内の悪玉菌につながります。
そして、その悪玉菌を増やしてしまう要因こそが便秘だということです。

怖い病気の元である便秘を解消するヒントはココから!